センスよ、降ってこい

原大悟のブログ。音声認識で書いてます。誤字脱字あります

ベルギー旅行3日目② ベフェレン

アントワープから電車で15分〜20分ぐらいでベフェレン到着。

 
 
田舎と聞いていたがそこまで田舎じゃない!
 
 
{62CF7880-8FC4-4210-AA7D-1CFD88BB2195}

駅の周りは何もないけど、
 
{2C41BEA6-8931-4FFD-9BB6-5388E7A557B5}
 
大通りに出たらそんなことはありませんでした。
 
住みやすそうなアントワープ郊外の街って感じです。
おーこの街に森岡選手がいるのかー!
 
 
そんな事を考えながら歩くこと20〜25分(結構歩いた)
スタジアムが見えてからも駐車場の方を回っていかなくてはいけないので、見えてから5分ぐらい。
 
 
{598E80C9-F320-4B6E-86EF-EE56EB471636}

ベフェレンのホームスタジアム、
フレシエルスタディオン到着!!
 
 
練習は午後は中でのトレーニングという事なので、選手たちはなし。
 
 
しかし!
スタジアム横のクラブハウスの方に入ってみると、練習用のグランドが7〜8面あるではないか!
これはすごい。
 
ベフェレンは規模的にはそこまで大きくないクラブなのにこの環境は素晴らしすぎる。
 
 
しかもそこに飛び込んできた光景は、GKだけを集めた練習。

背が小さい子から、もう出来上がってる子まで、選抜のような感じもしたけど、
かなり細かいステップワークとキャッチングの練習を2時間ぐらいみっちりやってた。
 





 
 
ビルドアップもコーチが2.3人いて、声出したり手で指示出したりしたほうにしっかりつなぐ。
相手を意識しての練習。
 
 
小学生低学年ぐらいのキーパーでも、もうしっかりしぐさや動きがキーパーなんだよね。
 
 
これはすごい。
ステップの種類の多さには驚いた。
 
 
日本の小学生だと、キーパーは少しイヤイヤやっていたり、背が大きい子がやっているイメージがあるけど全くそういうものではなかった。
 
 
これが強豪ベルギーか!
しかも2日連続で練習場に行ってわかったけど、このGK練習をメインでやってたコーチはトップのGKコーチだった。
そういう人がアカデミーでもしっかり指導していた。
 
 
 
その後もどんどん違うカテゴリーの子たちが入れ替わり練習にやってきて、たくさんある練習場に散らばっていく!
 
 
子どもたちの練習を見ているのは親ぐらいなので、日本人を物珍しそうに近寄ってきた12歳の3人組が話しかけてきた。



 
 
まぁサッカーというのは世界の共通言語だという事を再認識。
どの国でも子どもはかわいいね。
 
 
未来のベルギー代表とも交流できてよかった^_^
 
 
スタジアムのエントランスのおっちゃんに、明日の練習なら見れる可能性があるぞ、と教えてもらったのでもう一日行くことにしよう!
 
帰りは近くに野球場や、プール、総合運動施設も周りにあるらしいのでそこを回って見て帰った。
 
{0B93D52D-591E-41D5-90FE-E42F0DC1ACCA}
プール施設。
スライダーまである!!

{719DAA67-5C40-4429-B98C-B61FB5137F50}
 
 
これがこの一帯の地図。
ランニングコースなどが書かれている。
スポーツしてる人がたくさん。
何だこの街!
すごいぞベフェレン!!
 
 
遠回りして駅に向かったので、
帰りは45分ぐらいかかった。
肉離れの右足を引きずりながら歩いたら、右足の裏の変なとこにマメができた。
人生でできたことのない場所に。
 
 
ベルギー最終日は肉離れだけじゃなく、マメとも戦わねば。
絶対に負けられない戦いがここにはある。