センスよ、降ってこい

原大悟のブログ。音声認識で書いてます。誤字脱字あります

知ったかぶる為のサッカー日記 〜FC東京U-23vsガイナーレ鳥取〜

見てない人が90分見た雰囲気を出すためのブログ。

こういう風に答えとけば見た感じ出せるよ!というのを教えます。

f:id:fun-management:20180507083244j:image

J3リーグの第10節FC東京U-23vsガイナーレ鳥取の一戦でした。

 

 

どんな試合だった?と聞かれたら

 

 

「0対0だったけど、両チームの特徴が出てめっちゃ好ゲームだった」

 

と答えてください。

 

簡単に言うと両チームとも攻め合う面白い試合でした。

前線の選手は両チームとも特徴があってその特徴をお互いに生かそうとチームとして戦っていたと思います。

それが両チームとも出ました

後はゴールを決めるだけと言うような両チーム

非常にスリリングな展開が続きました。

 

鳥取森岡監督も試合後のインタビューで「好ゲーム」という言葉を口にしていましたが見ていて実況をしていて楽しい試合でした。

 

 

どんな特徴が両チームにあったか簡単に説明します。

 

FC東京U-23のほうは長身の矢島輝一選手とスピードのある平岡翼選手。

矢島選手がある程度中で構えて平岡選手がサイドに流ながらボールを引き出します。

J1のツートップ永井選手とディエゴ選手とは少しイメージが違いますが、平岡選手のスプリントは永井選手のスプリントに負けない位の迫力と回数がありました。

そこからのクロスで矢島選手のヘッドという惜しいシーンがありましたがあれが決まっていれば完璧だったのではないでしょうか。

 

鳥取のほうはブラジル人トリオが注目されています。

前説は4-3-3で3トップで入りましたが、今日は加藤選手を入れてレオナルド選手とツートップ、右にガブリエル、左にフェルナンジーニョという並びでした。

前節の関係と比べてみると関節の方が前線の選手の良さが出ていたように思います。

両サイドの2人はボールが持てますしパスもシュートもできます。

レオナルド選手は常にゴールを狙っている加藤選手はコンビネーションで崩すこともできるということでかなり強力な前線だと思います。

もちろん相手チームも対策はしてくると思いますが簡単には止められないと思います。そっくりそのまま上のカテゴリーに行っても結構点取れるんじゃないかなと思う位迫力がありましたコンビネーションもあったと思います。

ただゴールだけこの試合ではありませんでした。

 

FC東京から見たこの試合

 

FC東京から見るとこの試合にはいろいろな意味がありました。

J1とルヴァンカップは過密日程で今週の水曜日にはルヴァンカップのグループステージがあります。

リーグ戦では好調なFC東京ですがルヴァンカップは勝たなくてはグループステージ突破が厳しくなります。

そういう中でJ1でチャンスを掴めていない選手がコンディションを整える意味もありましたし水曜日に向けて疲労を溜めすぎてもいけないという狙いも見えました。

実際に吉本選手と山田選手は45分ずつ出場しましたし、岡崎選手と品田選手も45分ずつでした。

試合感としてはしっかり戻して欲しいけど疲れは貯めてほしくないといった感じでしょう。

この試合は長谷川監督も視察に訪れていたので、おそらく選手のコンディションを見ながら水曜日のメンバーを考えていたのではないでしょうか。

 

そして他にも大きな意味があった試合になっています。

それは平川選手が90分間フルタイムで出場しました。

第5中足骨の怪我があって、その後練習に復帰した後もちょっと足を痛めたりもしました。

試合後に本人も話していましたが、少し思ったより長引いてしまったという状況でこの日は90分間出場しました。

安間監督、そして平川選手自身が語っていましたが今のJ1のチームで出場するためにはしっかりボックスからボックスまで走ってプレーすること、それができないと出場できないのでそこにトライしているという話をしていました。

 

今日のプレーを見ても堂々たる中盤でのプレー、高いレベルのテクニック、この辺はしっかりと成長している印象を受けました。

囲み取材の答えぶりも大人っぽくて、しっかり考えながらプレイしているんだなというのが伝わってきました。

 

他には柳選手が怪我から復帰して30分間出場しました。

チームにとっても大きな戦力が戻ってきたことになります。

トップチームも好調ですのでその流れを受けて若い選手たちも躍動してもらいたいです。

 

 

誰がよかった?と聞かれたら

両チームとも良いプレーがたくさんあったので、両チームから印象的だった選手をあげたいと思います。

 

 

まずは鳥取の加藤潤也選手です。良い選手です。

地元の米子北から城西国際大学を経て加入して2年目の選手です。

前節のセレッソ大阪戦では出場していなかったのですが、この人がいるかいない日では鳥取の攻撃は大きく変わるんだなと実感した試合となりました。

もちろんブラジル人選手は非常に目立つのですがその戦士達とうまく絡みながら攻撃を作っていました。

そして身長は高くありませんが体が強いので前線でボールを収めることができます。

よく動きますしスペースを見つける力もあります。

 

だから鳥取がボールを前に運ぶ時に加藤選手もう経由する機会が多かったと思います。

そこから足技のテクニックを見せてブラジル人選手をうまく使ってフィニッシュまで持っていきました。

とても色んなレベルが高くて凄い選手だなと感じました。

アシストも今シーズンは多いですし、得点も決めています。

チームのために働きながら結果も出してくるとなるともっともっと注目を浴びてくるのではないでしょうか。

これからも楽しみにしていきたいと思います。

 

変わってFC東京の選手を1人あげたいと思います。

キャプテンマークをつけた平岡翼選手です。

素晴らしいプレーだったと思います。

前への推進力もあったし自分のスピードの活かし方もかなり上手くなってきたような感じがします。

そして足元で受ける場面がかなり増えた印象です。

相手が裏を警戒する場面もありますので足元でしっかり受けて収められればあの爆発的なスピードがもっともっと生きてくるのではないでしょうか。

 

J1でフォワードはかなり熾烈な争いをしています。

ディエゴ選手と永井選手は好調ですし、控えには前田選手と富樫選手という実力のある選手がいます。

ただこの2人はどちらかと言うとターゲットになるタイプ。

したがって永井選手の代わりになり得る選手というと平岡選手しかいないのではないでしょうか。

十分にそれを感じさせる今日のプレーでした。

 

あのプレースタイルというのは誰にでもできるものではありません。

というか、誰もできません。

あれだけスプリントを繰り返すのは並大抵の事ではないでしょう。

J1の舞台でも永井選手もいつも灰になるまで走っています。

もちろんどこまでもがんばってほしい気持ちはありますが平岡選手が70分位から出てきて相手のディフェンスを追いかけ回しカウンターで裏を裏に抜けてゴールに向かうという画が僕は描けました。

チームにとっても永井選手の代わりがいれば、長いシーズン大きな戦力アップにつながるのではないでしょうか。

この人が走るとスタンドが沸きます。

ぜひ味スタを沸かせて欲しいです。

 

ハイライトには選ばれなかったのですが、前半30分の右サイドからシンプルにスピードでぶっちぎったシーンがありました。シビれました。

「平岡ぶっちぎる!!」と

つい言ってしまいました。

ああいうシーンを沢山見たいです。

 

見所がたくさんあった試合となりました。鳥取は今シーズンチームとして

 

鳥取は今シーズンチームとしてすごく楽しみになりました。

いろいろな注目ポイントを聞きましたが鳥取サポの方で中盤の2人に注目している方がいました。

前線の選手が注目されがちですが、可児選手と星野選手の安定感、そしてセンターバックの甲斐選手のロングフィードヘディングの強さたくさん見所がありました。

前半の両チームのチャンスで1本入っていれば大きく動いた試合になったかもしれませんがスコアレスドローでも本当に面白い試合でした。

ゴールデンウィーク最終日面白い試合をありがとうございました

では

 

 

試合詳細

F東23vs鳥取の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第10節:2018年5月6日):Jリーグ.jp

ハイライト