センスよ、降ってこい

原大悟のブログ。音声認識で書いてます。誤字脱字あります

実況席から見た大宮アルディージャvsカマタマーレ讃岐

f:id:fun-management:20180603062731j:image

 試合前

昨日は大宮アルディージャカマタマーレ讃岐の試合を実況させてもらいました。なくファイブスタジアムで実況するの初めてだったので放送席の景色を楽しみにして向かいました。期待通りの素晴らしい眺めでした。

   

解説は秋田豊さんでした。

控え室では日本代表の話もたくさんきさ聞かせてもらいました。タイミング的にも良かったのではないかと思います。

 

試合のほうはホームで勝利を飾りたい大宮と5連敗中と苦しんでいる讃岐の一戦でした。両チームともこのところは得点が多く取れていないので、少し固いゲームになるかなという予想もあったと思いますが2対2のドローゲームでした。前半から両チームとも得点を奪い合う展開で積極的にプレイしていたので凄く面白い試合でした。

 

カマタマーレ讃岐のほうは前節堅守速攻をもう一度確認して今日もそういう戦い方をしていました。大宮のほうはシモビッチを先発から外して今日も富山が先発。前線のコンビネーションなどを生かして攻めていこうと言う狙いが見えました。

 

中盤の形は三門が少し下がり気味になって、大山がペナルティーエリア近くまで上がってくると言う形をとっていました。そこに大前、富山、マテウス、嶋田選手が絡んできて細かいパスなども使いながら崩していく形です。

 

カマタマーレ讃岐

一方の讃岐ですけれども堅守速攻と言えばシンプルに聞こえますが本当に徹底されていて、ボールを取った時から出ていくスピード、前にかける人数は素晴らしいものがありました。

この試合だけを見れば全く最下位に入るようなチームではないと感じました。選手たちの意識も統一されています。次行くぞというタイミングでは確実に3人以上は前に出て行っていたと思います。北野監督は前半のうちに讃岐の左サイドをテコ入れしてその後対策もハマっていたように感じます。

  

結果的には讃岐がショートコーナーから2本取りました。今シーズン複数得点を挙げたのは最初と言うことになります。おみやのほう大宮のほうはセットプレーの対応は少しもったいなかったかもしれませんが、讃岐が非公開練習をやって準備してきたものが見事にハマった印象です。

 

 

 

大宮アルディージャ

石井監督が試合後に話していましたが、やはり追加点を取れるタイミングで追加点が取れていれば勝ち点3が近づいたと言う話をしていました。少しリズムが悪かったと思う監督会見では話していました一人ひとりのボールを持つ時間が長くテンポが出なかったと言う話です。

 

シモビッチ選手や奥井選手を入れた後はもう少しエリアのところに迫りたかったと言うコメントをしていました。監督会見では記者の方からその辺から攻撃が停滞してしまったのではと言うような筆問も飛んでいましたが。、テンポ上げてもう少しエリアのほうに絡んで行きたかったと振り返っていました。

 

もちろん勝ち点3を取れなかった悔しさはあると思いますが、前半の終盤の攻撃は非常に魅力的でしたし左サイドでは川辺選手とマテウス選手、右サイドでは酒井選手と島田選手のコンビネーションも良かったと思います。ここに大山選手や帝選手、ツートップの大前選手と富山選手が絡むと言う攻撃の形はとても魅力的なのではないでしょうか。

ここからシモビッチ選手をどう生かすかというところに少し迷いがあるように感じましたが、噛み合えばすごいことになる気がしています。試合後少しサポーターからブーイングも出ていましたが、もちろんJ1復帰を狙う大宮にとっては難しいポジションであることは間違いありません。ここから石井監督がどのように立て直してくるか注目したいです。

 

最後に嶋田選手のドリブル力よ。ぜひハイライトで見てください。1分40秒ぐらいのシーンです。

 


【公式】ハイライト:大宮アルディージャvsカマタマーレ讃岐 明治安田生命J2リーグ 第17節 2018/6/2