>

アスルクラロ沼津vsガンバ大阪U23 雑感

沼津vsG大23の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第2節:2019年3月17日):Jリーグ.jp

f:id:fun-management:20190321181844j:image

 

  • ガンバが回してる
  • こぼれ球を渡邉シュート
  • 沼津はしっかりブロックを形成
  • 中村体が一回り大きくなったような
  • 福田が裏を取って折り返し。何とか守った沼津
  • 岡の突破を野田が止めてイエロー
  • 中村がドリブルからシュート。雰囲気はある
  • 食野の個人技からクロスまで
  • ガンバが相変わらずボールを持っている
  • ゴン中山さん、伊東テルさんもスタンド観戦
  • 長いボールのこぼれ、岡のシュートは枠外
  • なかなか決定機は少ない前半
  • 0-0の折り返し
  • シュート沼津2 ガンバ3

 

後半

  • 後半は沼津がいい入り
  • 普光院ミドル
  • ガンバがまたペースをつかんでいく
  • 渡邉に代えて川森
  • ガンバなかなか怖いところまで入っていけない
  • 沼津かたい
  • 奪ってカウンターを狙う沼津
  • フィニッシュまではなかなかいけない
  • 沼津フリーキック獲得。こういう狙いは徹底してる
  • そこから藤原の折り返しにスクランブルで入っていく
  • 沼津、岡に代わって坂本
  • 左からのクロスに坂本落として普光
  • 川森がボール奪ってそのままシュート
  • 中村に代わって白井
  • 熱川から尾崎、両サイドバックでシュートまで
  • 染矢に代えて中山
  • ガンバは外は回せるけどなかなか入っていけない
  • 青山に代えて松田
  • ガンバGK田尻は7秒ルール
  • 沼津がエリア内で関節FK

 

ガンバが前半は支配する展開でした。テクニックのあるガンバはボールを持って回していましたがなかなか怖いところまでは攻め込めない印象でした。後半もガンバの時間帯ももちろんありましたがそこから沼津の固いディフェンスを破ることができず0対0となりました。

 

沼津は前半しっかり守りながらハードワークして後半カウンターで人数をかけて前に出ていくという昨シーズンの戦い方はある程度できていたと思います。後半の良い時間帯に得点が取れれば沼津の試合ということが言えたと思いますが、砂森がいないので1つ武器がなくなってしまった印象は否めません。この中で両チームがどんな変化を見せてくれるか楽しみです

新しい代表戦の楽しみ方

今日19時20分から日本代表コロンビア戦がスタートします。最近では日本代表戦もいろいろな楽しみ方が広がっています。僕は超ワールドサッカーTVに出演させて貰います。YouTubeで見られますのでぜひ試合の映像とともに耳だけお貸しいただければと思っています。

f:id:fun-management:20190322160918j:image

【超WSTV裏実況】キリンチャレンジカップ 日本代表vsコロンビア代表~W杯の再現なるか!?再びあの熱戦を~ - YouTube

ネット環境ができてから試合が放送できなくても様々な代表戦の楽しみ方を選べる時代になってきました。何回か超ワールドサッカーTVさんにも出演させてもらっていますがこの裏実況という形も1つの新しい楽しみ方です。僕はこの出演が結構好きです。

 

1番の楽しさは視聴者のみなさんとコメントを交えながらいろいろ語って、見ることができるからです。家で1人で見るとなかなかサッカーのことに関して話せなかったり、たわいもない雑談ができる人がいなかったりします。まさにウチがそうです。嫁は全くサッカーに興味がなく、3歳の息子はYouTubeに帰ると言ってきます。

 

でも代表戦というのはそういう楽しみ方が1番しやすい試合なんじゃないかと僕は思っています。もちろんリーグ戦も面白いですし、今回はコパアメリカに向けての重要な意味を込めた試合だと思いますが、サッカーファンが同じ時間に同じ試合にを集中してみるという意味で、なんだか代表戦はとても大切になっているような気がします。今までの代表戦の役割と少し変わってきたような気もします。

 

1人で代表戦を見ている時でもみんながどんな感想を述べているか、Twitterでタイムラインを眺めながら観戦している僕ですので、そういう人はぜひこのYouTubeを流しながら代表戦を見てほしいと思います。

 

また新しいサッカーファンを増やすという意味でも代表戦というのはとても良い機会になっていると感じています。新しい若い選手や、日本代表に復帰した香川選手など見所はたくさんの試合になると思います。その楽しさをより伝えられればJリーグ観戦や海外サッカーを見る人も増えるんじゃないかと思っております。

 

YouTubeでの配信をあんまり見たことない人はわからないかもしれませんが、皆さんのコメントはリアルタイムでこちらからも見られるのでそれについての話もしていきたいと思いますしTwitter で「#超WSTV質問」と#をつけていただければそちらからもスタッフさんが拾ってくれるのでどんどんコミニケーションをとりながら見ていきたいと思います。

ニコニコ生放送やAbemaTVがそんなスタイルだと思いますが、あれは結構コメントが流れてしまうので拾えない時が多いです。それに比べてとてもコメントが拾い安いのがYouTubeの良さかなとも思っていますので、ぜひワイワイ話しながら日本代表を応援しましょう。

 

サッカーバーに行かなくても半分サッカーバーのような雰囲気で楽しめると思います。解説は安永聡太郎さんです。結構久しぶりにお会いするので楽しみです。ちなみに試合が終わってしまっても後からも見られますのでこの記事を既に終わったタイミングで読んだ方はぜひ後からでも覗いてみてください。では後ほど。

カターレ富山vs福島ユナイテッドFC 雑感

富山vs福島の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第2節:2019年3月17日):Jリーグ.jp

f:id:fun-management:20190321100152j:image

 

 

  • いきなり富山チャンス。白石が持ち運び高橋シュート。枠には飛ばなかった
  • 雨が降ってきた
  • 富山コーナーから谷奥。おしい
  • どちらもしっかりつないでいく形を狙ってる
  • 雨と風がかなり強くなってる
  • 寺前のつなぎのミスから富山高橋がキーパーと1vs1。堀田ビックセーブ
  • 富山が押し込む時間
  • 福島守ってる時3バック(5バック)に見える
  • 寺前に代えて東
  • 今度は晴れてきた。変な天気
  • 福島は岡田がセンターで東が右で石渡が左
  • 池田がかなり白石を気にしてる
  • 福島コーナーから先制点。こぼれ球に最後は田村!46分。
  • 富山の前半だったが先制したのは福島
  • 0-1の折り返し
  • シュートは富山9 福島2

 

後半

  • 富山攻めていく
  • ロングスローから前嶋シュート
  • 福島はなかなか攻撃に出られない
  • 左からのクロスに才藤バイシクル
  • 60分才藤に代えて田中
  • 63分前嶋のクロスに田中。入って3分後に結果につなげた!
  • 福島、樋口に代えて小牟田
  • 富山強い
  • 前嶋、柳下と両サイドからクロスかなり入ってる
  • 富山の波状攻撃
  • 佐々木の折り返しに前嶋
  • 前嶋目立ってるなぁ
  • 73分、田村から武が抜け出しゴール!福島再び勝ち越し!
  • 富山逆転を狙う時間帯に福島が来た
  • 富山気落ちすることなく攻める
  • 池田の左足がDFに当たって3点目!81分
  • 富山2枚がえ
  • 田村から小牟田で福島4点目のチャンス
  • 新井カットインからシュートはポスト

 

福島は見事な勝利。試合を通して富山が押していたが少ないチャンスをものにした形。富山はこの内容で勝てなかったのは痛い。両サイドの推進力と、前線3枚の勢い。中盤の花井も効いている。田中がゴールを決めたのでこれで乗っていきたいところ。

 

福島は勝利したが、内容的には改善していかなければならないところも。去年のようにボールを待てる時間は短くなっているので、そこからどのように得点につなげられれるか。武と田村の活躍は心強い!

 

平野将弘コーチに教えてもらったスモールサイドゲーム

f:id:fun-management:20190319161217j:image

 

カーディフ平野将弘コーチにまた指導者交流サロン限定コラムを書いてもらいました。今回はプロの試合を元に考えるスモールサイドゲームに関して。この考え方がまた面白いです。ここまで細かくデザインされているのか!!と驚くばかりのトレーニングメニューです。

その中でも僕がここで1番驚いたのはさらっと書かれていた「選手達が盛り上がる」という一文です。簡単にいうとウェールズvsオーストリアの代表戦のマネををして、子供達が戦術的にできる事を考えさせ、ヒントを与えて実際にスモールサイドゲームを行なっているようです。

「毎回週末の1試合の為に試合をしている訳ではありません」とコラム内に書かれていますが、もちろん週末の試合は大事だと思いますが、それ以上に子供達が盛り上がりモチベーションを持って取り組む練習というのは何より価値がある事だと思います。そこに向けてのアプローチとして「ウェールズの配置の変更と戦い方についての2点」について焦点を当てて子供達に考えさせて、実際にトレーニングを行なっているそうです。

これだけ聞くとかなり難しそうだと感じるかもしれません。『ウチのチームでは無理だよ』と思う方もいると思います。しかし、子どもが出来るようにしっかりと手助けされているのがさすがだなと思います。それはラミレートされた紙です。その紙に選手が「チャレンジすべき事」が書かれているそうです。面白いですね。それに向かって選手たちはチャレンジすればいいので、何をすべきかが整理して思い切ってチャレンジすることができます。個人でチャレンジする事、そしてチームでチャレンジすることです。そのラミレートされた紙もありがたいことに共有してくれましたので実際に見ることができます。

そしてそれだけで終わりません。その後も時間配分が決まっていて、ミーティングの時間もしっかりと設定されています。細かい時間配分などは僕が触れるところではないので触れませんが、これによって「チャレンジ」をただの「チャレンジ」で終わらせるのでなくそこから一歩前進していく設計になっています。

その時の指導者としての介入の仕方なども詳細に教えてくれています。もちろんそこには経験なども反映されるのだろうと思いますが、ここまではっきりチャレンジすることがチームでも個人でも決まっていると指導者としても相当やりやすいのではないかと思います。何を修正するのか、はたまた修正しないで考えさせるのか。そのあたりは目的がはっきりしているので指導者もやりやすさがあるのではないでしょうか。

ヨーロッパの指導の一端を知れることで、全てはコピー出来ないかもしれませんが(コピーする必要もないかもしれませんが)、自チームでもかなり参考になる部分はあるのではないかと感じました。このトレーニングが代表戦とつながっていると思ってプレーしたら単純にテンションは上がりますし、次にプロの試合を見るときに戦術眼も確実にステップアップするはずです。やはり色んな指導法に触れる事は大事ですね。今回も素晴らしいコラムをありがとうございました。

長野パルセイロvsヴァンラーレ八戸 雑感

長野vs八戸の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第2節:2019年3月17日):Jリーグ.jp

f:id:fun-management:20190319151112j:image

 

前半

  • 長野のセットプレーが何本かあり
  • 八戸は今日も堂々としてる
  • 押し込んでるのは長野
  • セットプレーやロングスローで押し込む長野
  • 24分までに長野コーナー4本
  • 妹尾ミドル
  • 八戸なかなか前線までボール運べていない
  • 八戸しっかり守ってカウンターを繰り出す
  • 新井山今日もうまい
  • 三上と妹尾が絡んで長野決定機
  • 35分、浦上がシュートブロックにいってファウル。ちょっと可哀想
  • 38分、上形が決めて八戸先制
  • 長野、右サイドから内田のシュート。浮いてしまった。
  • 0-1の折り返し
  • シュート7-2で長野

 

後半

  • 国分が右から仕掛け。おしかった
  • 長野は木村に代えて宇野沢
  • 左からのクロスは阿部。八戸両サイドから攻撃を仕掛ける
  • 八戸、上形に代えて宮崎
  • 長野決定機作れない
  • 長野はいい形で取ってからミスがあった
  • スローインから三上のクロス。わずかに合わない
  • 72分まで後半はシュート長野1、八戸0らしい
  • 八戸が全然引いて構えてるわけではない
  • 長野は河合や堂安がいないので個人で仕掛けるられる選手がほしいところ
  • 新井山のサイドチェンジ、宮崎のクロスに三田‼️81分2-0
  • 八戸はシュート3本で2点
  • 野点を取りに行く
  • クロスからのこぼれに遠藤!!
  • ↑八戸が体張る

 

八戸がJリーグ初勝利を飾った試合でした。前半のPKなど少し長野からすると納得できない部分もあったかもしれませんが、八戸がチームとしてしっかり戦った結果だと思います。後半は1点リードしながらも引いて守るのではなくて行ける時は前からプレスをかけ2点目を取りに行くような姿勢も見せていました。なかなかシュートまで至らない時間もありましたが、その中で効率よくゴールを決めた得点力は素晴らしかったと思います。

長野はなかなか得点の形を見出せなかった試合となりました。去年まではもう少しサイドを起点にクロスやドリブル突破などが見られましたが、去年とメンバーが変わったこともあり、攻めの形をまだまだ作っていかなくてはいけないといった感じかもしれません。これからの巻き返しに期待します。

藤枝MYFCvsロアッソ熊本 雑感

藤枝vs熊本の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第2節:2019年3月16日):Jリーグ.jp

f:id:fun-management:20190319082618j:image

 

前半

  • 森島は前線に起点になってる
  • 鈴木のクリアが自陣ゴールへ。杉本よく反応した
  • 藤枝リズム良くボール回ってる
  • 熊本サイドで原が起点に
  • 片山のクロスに原がヘディング
  • 熊本の攻撃はダイナミック
  • クロスもよく入ってる
  • 藤枝も集中切らさず体を張っている
  • 秋本の顔にボールが当たって治療
  • 右からのクロスから熊本チャンス
  • 0-0の折り返し
  • 得点が欲しかったのは熊本のほうか
  • シュートは2-4

 

後半

  • 大迫が斜めに抜け出して森島へ。シュートはブロック。おしい場面だった
  • 藤枝がギアを上げてきた
  • 藤枝が攻める時は前に人数をかけてくる
  • 熊本は中原に代えて田村
  • その田村がチャンスメイク!裏に抜けて折り返し、こぼれ球をシュート。田村のスピードは熊本でもいきてる
  • 藤枝は大迫に代えて岩渕
  • 熊本は片山に代えて高瀬
  • 岩渕ファーストプレー👏
  • そこからつながって最後森島抜け出して折り返し。悔しそうな表情
  • 岩渕、間で受けてダイレクトでスーパーシュート。75分藤枝。素晴らしい‼️
  • 伊東が右足首のあたりを治療
  • 藤枝は守る雰囲気はない
  • 熊本は攻撃の形を見出せない
  • 中盤で藤枝の守備が効いてる
  • うまく藤枝が時間を使う
  • 長いボールから原にビックチャンス。枠には飛ばなかった

 

藤枝大熊本の一戦!結果は藤枝が勝利しましたが内容的には互角の試合だったと思います。前半は熊本が両サイドのクロスから原の馬力を使いながらゴールに迫っていた印象です。後半は藤枝がより前線に人数をかけられるようになってチャンスを演出しましたが、ゴールを決めたのは岩渕のスーパーハイパーロングシュートでした。

こういうゴールを決めてしまうのが岩渕良太ですね。今シーズンはたくさん彼のゴールが見たいです。森島選手とのコンビネーションも良さそうですし、大迫選手と組ませても面白いと個人的には思います。二桁ぐらいいって欲しいです。がんばれ岩渕良太‼️

ザスパクサツ群馬vsSC相模原 雑感

群馬vs相模原の試合結果・データ(明治安田生命J3リーグ第2節:2019年3月17日):Jリーグ.jp

f:id:fun-management:20190318211130j:image

 

前半

  • 相模原しっかりつないでいく
  • 群馬前からプレッシャーかけてる
  • 群馬カウンターから辻→姫野。おしい
  • 丹羽が3バックの真ん中は、なるほど、って感じがする
  • 群馬は去年より前に早い感じがする
  • 田中よくボール触ってる
  • 相模原はゴール前に入っていけない。前の3人にボールが行く機会が少ない
  • 両チーム決定機は少ない
  • 群馬が前からプレス。いいプレスからマイボールに
  • 0-0の折り返し

 

後半

  • 川上がしかける
  • 平石が仕掛けてクロスまで。こういう形を増やしたい相模原
  • 相模原は両サイド広く使ってきた
  • 辻に代えて高澤
  • 川上に代えてジョンガブリエル投入
  • 群馬は前線で収められない
  • 田中に代えて加藤!加藤潤也きた!!
  • 姫野→加藤でいきなり加藤潤也にチャンス
  • 伊藤→大石で先制。クロスのセカンドを拾った形‼️ほとんどサイド攻撃だったが、ここは真ん中から。67分先制
  • 群馬攻めに出る!!
  • 相模原もずっと構えている感じではない
  • 加藤がペナの外から流し込むようなボール(たぶん青木に合わせた?)がそのままゴールイン。85分、群馬同点!
  • 稲本きた!!
  • 飯野の素晴らしい突破から光永折り返して加藤!!群馬逆転!91分!
  • ジオヴァンニ投入

 

群馬が逆転勝ちを飾って今シーズン初勝利。前半からどちらかと言うと相模原がボールをキープしていましたが群馬の方がボールを奪って効率的に前に出ていた印象です。相模原はなかなか群馬のボールに迫られずに後半へ。後半はサイドを大きく使いながら相模原も勢いを持ってゴールに迫ってきました。早い時間帯にジョンガブリエルを入れてクロスも増えてきた時間帯にそのセカンドボールから大石が決めて相模原が先制。

群馬からするとかなり嫌な流れだったと思いますが途中出場の加藤がクロスだったかもしれませんが流し込むようなゴールが決まって同点。そしてアディショナルタイムに逆転と。勢いがつくような勝ち方でした。両チームとも大きく昨シーズンからメンバーが変わっているので、チームのやり方なども手探りの部分はあると思いますが群馬にとってはおおきに大きな勝利になったのではないでしょうか。