>

指導実践大会 感想

f:id:fun-management:20190718075050j:image

先日指導者交流サロンのサロンメンバーの方に指導者実践をやってもらえました。テーマはカウンター。サロン会のメンバーも含めて集めてくれた人たちと楽しく練習をして最後にゲームをしました。

 

簡単に言うとめちゃくちゃ良い会でした。

こんな指導案も用意してくれて、小さいフットサルコート、参加人数もなかなか読めない中での準備は大変だったと思います。

f:id:fun-management:20190718075853j:image

 

その後希望者だけでご飯も行っていろいろ感想などを聞きましたが、楽しかったという声と勉強になったという声両方があったので、僕からしてもとても満足感が高い海外なりました。他の人の練習を見る事はあまりありません。練習について話したりするということも多くはないです。そういう機会を作っていければ面白いかなと思いました。

 

そして何よりボールを蹴ると驚くほど仲良くなれますね。サッカーの力には驚かされました。いつもゲストをお呼びしてやってる交流会はとても面白い会なのですが、ゲストと話す機会はあっても参加者同士のコミュニケーションがイマイチ取れないという悩みがありました。

 

でも今回はチームになるので、やっぱり話す機会が多くなるし、ピッチの上で話さなくてもその後にめちゃ話しやすくなる。とてもいい企画だったかなと思います‼️

 

飯ではあそこの指導が良かったとかそういう話が沢山出て、かなりポジティブな印象で終われました。またいつかやろうと思います。

 

ぜひご参加を〜

そして指導者交流サロンにもぜひ〜

 

指導者交流サロン概要

f:id:fun-management:20190713073834j:plain
このサロンは、お父さんコーチや若手の指導者が指導者仲間を作り、ラフに学べるfacebookグループです。

 

日本のサッカーを支えているのはお父さんコーチです。その国のサッカーを強くするのは代表選手だけじゃありません。サッカー文化やファンがその国のサッカーを強くします。いかにしてそういう文化やファンを増やすか?これが長期的にみて日本のサッカーを強くする唯一の方法です。

 

そう考えた時に、多くの子どもに最初に「サッカー」を教えるのはお父さんコーチや若手コーチです。その子どもが将来サッカー好きになるか、サッカー嫌いになるか、サポーターになるか、スポーツに無関心な大人になるか、大きく関わっているのがお父さんコーチです。

 

しかしプロのコーチはライセンス講習や学ぶ場はあれど、日頃は違う仕事をしているお父さんコーチは学ぶ時間や場がなかなかありません‼️しっかり指導やコーチングについて教えてもらってからお父さんコーチを始めた方ってほとんどいないんじゃないでしょうか。

 

そこでこのサロンでいつでもどこでも、facebookグループでラフに学べる場がこの指導者交流サロンです。そして積極的に参加すれば確実に指導者仲間ができます。これはかけがいのない一生の財産です。

 

僕のつながりでお父さんコーチや若い指導者に有益なプロコーチの方々を集めました。

・Jのアカデミーコーチ

・経験豊富なコーチ

・海外で指導しているコーチ

プロのコーチはずっとサッカーの事を考え、それでメシを食っています。お父さんコーチは仕事があるのでそれは無理です。だからそういうコーチから少しでもエッセンスを吸収しましょう!

 

月額980円とかなりリーズナブルな値段設定です。セミナーや講演会に行くと思えばめちゃくちゃリーズナブルなお値段です。色んな人のいいとこどりでこのお値段。破格です‼️

 

即決だという方は「購読」ボタンから。

ではこのサロンで何ができるのか?具体的に紹介します。

1、プロコーチのfacebook投稿が読めます

定期的にサロン内にコメントしてくれるコメンテーターを設けています。それぞれのコーチが大事にしていることや考えていること、試合や練習で感じたことなどを投稿しています。定期的にというのが大事だと思っていて、シーズンが進むごとにどんな事を考えているのか一緒に追っていく事ができます。チーム事情でここには書けないコーチもいますが、こんな方々が育成に関する為になる投稿をしてくれます(動画や写真多数)。他のコーチの何気ない気持ちや思い。1番勉強になります。

 

  • 数々のJリーガーを育てた某コーチ
  • 某Jクラブ アカデミーGKコーチ
  • Jクラブ フィジカルコーチ
  • Jアカデミーコーチの練習メニューレビュー
  • メキシコ1部のアカデミーコーチ
  • 2種、3種、4種で20年のA級コーチ
  • スペインで学んだフットサル監督 
  • イングランド 指導留学中コーチ
  • 新進気鋭の学生コーチ 

 

長々としたコラムや記事は好きじゃありません。だから普通のfacebookの投稿を定期的にやってもらいます。GKコーチやフィジカルコーチなど、専門的な分野はなかなか表に出てこない情報多数です。

皆さんもコメント出来ますが、プロコーチ同士でコメントしているやり取りも見られます。それがまた勉強になるんです。

 

2.原が集める非公開育成ネタ

原は実況と文化学園杉並中高のコーチという2足のわらじです。

f:id:fun-management:20190702111222j:image

○まず岩政大樹さんが指導する文杉の練習メニューや岩政さんの指導のこだわりを細く共有していきます。岩政さんはブログなどで練習について発信されていますが、それをより細かく、どんなことを注意しながら指導しているのか投稿しています。

 

○そして実況としてプロの指導者や選手とお会いできる原。このチャンスを活かさない手はないということで、

  • 中継で話してくれた育成に関する内容
  • 取材に行ってゲットした育成年代の指導者インタビュー
  • 中継にのせられなかった控え室ゲットした情報

を共有しています。トップオブトップに堂々と質問できる最高の職業をしているからできるホットなネタです。

f:id:fun-management:20190702105546j:image番組中や控え室でに川勝さんに指導について聞きまくる原

f:id:fun-management:20190702105646j:image
元U20代表監督、内山篤さん堂安への指導法を聞く原

 

3、毎月開催のオフ会完全無料!

毎月オフ会を開催しています。指導者フットサル、ゲストを招いてのトークショー、指導実践フットサル、分析アナリストごっこ、などなどサロンメンバーと相談しながら毎月のオフ会を考えています。最低でも月1回、月2回以上開催しちゃうことも‼️

 

トークショーのゲストは豪華ですよ。

元日本代表で育成大好きの名良橋晃さん

f:id:fun-management:20190702111400j:image

ドイツA級の中野吉之伴さん

f:id:fun-management:20190531062402j:image

東京武蔵野シティアカデミーダイレクター兼U18監督の杉浦史浩さん

f:id:fun-management:20190531062409j:image

シントトロイデン(元FC東京)のトレーナー 栗林史浩さん

f:id:fun-management:20190702110046j:image

 

オフ会は基本東京で開催。遠方の方のためにサロンではリアルタイム配信していますので、参加できなくてもご視聴&参加できます。アーカイブでも見られます。

サロンメンバー完全無料です!これに参加すると指導者仲間が出来ます。それが1番のメリットだと思います。

 

4、コーチの為になるスレッド多数

他にはコーチがふとした時に振り返った時に役に立つスレッドがたくさんあります。

 

  • 目的別練習メニュー(アップ、フィジカル、ポゼッション、GK、などなど)
  • コーチの疑問Q&A
  • 講演会、セミナー紹介コーナー
  • チーム、コーチなど募集コーナー
  • プロのフィジコ、トレーナー、ドクターへ体のこと質問コーナー

 

があります。ここには誰でも自由に書き込むことができます。

 

 

対象

お父さんコーチのほか、部活の先生や若手指導者にも有意義なサロンになっています‼️また指導はやっていないけど育成に興味のある人も入ってくれています。

 

サッカーバカな熱い仲間がたくさんいます!お金をもらっていないお父さんコーチの方も入ってくれて、こういう人達が日本のサッカーを変えるんだろうなぁと本気で思います!みんなで楽しみながら日本サッカーを良くしていきましょう‼️

 

楽しみ方は自由です。見ているだけの人もいますし、積極的に参加する人もいます。ゆるく繋がりラフに学びましょう!

月額980円です。ぜひ、こちらから↓

 

 *注意事項

  • facebookの非公開グループで活動しますのでfacebookアカウントが必要です
  • 購読ボタンに記入したアドレスにfacebookグループについてのメールをお送りします
  •  支払いは「Paypal」利用しています。月の途中に購入しても、次回の支払いは次月の月初ではなく1ヶ月後になります。いつ参加しても損はしません
  • 退会も自由です。Paypalのお支払いをキャンセルしてfacebookグループを退会してください(facebookのグループだけ退会しても支払いが止まりません)

やっぱり生W杯いいわ〜

f:id:fun-management:20190705071923j:image

3泊5日でリヨンに女子ワールドカップを見に行ってきました。準決勝は2試合ともリヨンで行われたので、この短い期間で2試合を観戦することができました。去年のロシアワールドカップに続いて2年連続2回目の生観戦です。

 

大会が始まる前にこのスケジュールを思い立って各所に調整をいただきながら今回の旅が実現しました。

 

今一番思う事はやっぱり生で見るワールドカップは最高だなぁと言うことです。

この、熱なんです。自分たちの国を応援するサポーターが作るスタジアムの雰囲気。何とも言えない緊張感。そして試合前後のサポーターやファンのテンションの上がり具合。お祭り感。フェス感。そしてあまり行かない都市に行ける経験。

f:id:fun-management:20190705072733j:image
f:id:fun-management:20190705072724j:image

どれをとっても最高です。

時差ぼけが抜けないまま帰ってくる感じになり眠さとの戦いはありましたが、その絶対に負けられない戦いにも勝つことができました。

 

もちろんなでしこジャパンがいれば最高でしたがいない状況での準決勝と言うのも、もしかするとそんなに経験できることでは無いかもしれません。オランダ対スウェーデンの1戦は延長までいき、オランダが初めてのワールドカップ決勝の切符をつかみました。本当に選手たちは感動していて試合後のミックスゾーンやプレスカンファレンスの様子を見られた事はとても良い経験になりました。英語を追いかけるのが必死でした。こんなに人生で必死にリスニングしたことがないので若干リスニング能力が上がった気がします。

 

そしてなんといっても白熱したのがイングランドアメリカ。フランス対アメリカが事実上の決勝戦とも言われていたと思いますが、このイングランド戦も相当ハイレベルで異常なほど面白い試合でした。アメリカサポのUSA大合唱もすごかったですし、イングランドのコールも頑張っていました。本当にハイレベルで個人個人のプレイにも魅了されましたし世界トップレベルの凌ぎ合いを間近で見ることができて幸せでした。本当に90分間目が離せない最高の時間となりました。

 

さらにVARの判定が大きく影響した試合となりましたがVARの生体験を初めてして、なんとなく温度感が分かりました。アメリカの人たちはNFLとかでレビューは慣れているのかもしれませんが、どちらの判定になってもそんなに抗議したりしません。逆に判定に時間がかかっている時を楽しむかのように、「ウー」みたいな感じでワクワクさせてくれました。日本で中継をしているときは「ゴール」と言った後にオフサイドになるので、ちょっと嫌だなぁという気持ちが強かったのですが、イングランドアメリカを見た限りではVAR面白いなぁと思いました。何事も慣れなのかもしれません。不公平感もなくこの試合は進んだので引き続きVARが入る流れは止まらないでしょう。そのうち慣れるのかなと思いつつ日本でもこういった日がいつか来るんだろうなと想像しました。

 

アメリカ人に学んだ事は楽しんだもん勝ちと言うことです。一つ一つのプレーに一喜一憂し、が入ったら喜び失点したら悔しがりVARも楽しみ、思いっきりUSAと叫ぶ。

 

オランダのサポーターも多いです。

f:id:fun-management:20190705072758j:image

チャントの種類めっちゃ豊富です。ホタルノヒカリもあります。決勝戦はどんな雰囲気になるのか楽しみです。

僕は日本に帰って3位決定戦の中継も担当させていただきます。どちらも出し切った上で敗れてしまったイングランドスウェーデン。最後にどんな意地を見せてくれるか楽しみにしながら中継したいと思います。

また5日はFoot!女子ワールドカップバージョンも最終回です。海堀あゆみさんをゲストにお迎えしてワールドカップのハイライトなどもお伝えします。ぜひ僕の最後の勇姿をご覧ください。では

指導実践大会をやりたい

7月の指導者交流会について考えています。これまではゲストを呼んで質問タイムをつくり.その後交流タイムを作って交流をしていました。ただ前々からボールを一緒に蹴るのはいいんじゃないかとか、大人を選手に見立てて練習をしてみたらいいんじゃないかとかいろんな意見がありました。7月になるこのタイミングでいちどその交流会のパタンをチャレンジしてみたくなっています。

 

ライセンス講習会ではそういうのがあると聞いています。ただライセンス講習会のシステムがよくわかんないんですが月一回ぐらいそういうのがあっても面白いかなと思います。その上で指導者同士の関係性ができていればより遠慮なくいろいろ入れたり意見交換ができるのではないかと思っております。

 

ただ指導実践をやるのではなくてどういう風にあれば話が盛り上がるから、いろんな意見が出てくるのかこれから考えなくてはいけません。最近では指導者交流サロンの人たちもこんなイベントがいいんじゃないかとかこういうのやってみたいとか意見を出してくれる人が増えてきました。あまり今までにないものが作れるといいなと思ってます。後は勢い。こういうのは勢いでやっちゃうのが大切なのではないかと言うスタンスです。7月はいろいろありますが海外サッカーも一段落するタイミングでもあるので仕掛けようかなと思ってます。では

プレミアEAST 頂上対決‼️

今日は泉まで行ってプレミアイーストの1位と3位の上位直接対決清水エスパルスの試合のピッチリポーターでした。

f:id:fun-management:20190622205801j:image

あまりピッチリポーターの経験は多くありませんが、1番監督の声が聞こえて贅沢なポジションです。

細かいつぶやきや作戦ボードも覗け、両監督の狙っていることが大体わかると言っても過言ではありません。しかも高校年代なら応援もそこまで大きくないですので、監督とコーチのやりとりなんかも聞こえちゃいます。

 

それが今年の最高のプレミアイーストの上位対決と言うことで非常にに楽しみにしてました。

 

展開的には、最初勢いを持って入った青森山田。徐々にペースをつかんだ清水エスパルスユースという展開でした。

 

前半のうちに青森山田がPKを獲得し先制。清水が攻め込む時間が続き後半に同点に。逆転も狙える展開でしたが青森山田がロングスローから勝ち越し弾で2-1という、上位対決にふさわしい熱い試合でした‼️

 

清水の攻撃力を警戒してか、黒田監督は守備の指示が試合を通して多かったです。特にフォワードの追い方に関しては細かく指示が出ていました。

 

清水の平岡監督はしっかり回して相手を動かしながら間をとって崩していく形をもっともっと出来る!という指示が多かったです。

 

かなり対照的で色がありそれを聞いているだけでかなり面白い試合となりました。

出来る限り中継の中で伝えられるものは伝えたつもりですが、細か過ぎてなかなか伝えられなかった面白い攻防が1つあります。

 

それは清水のビルドアップのところに関してです。

 

この試合はU17の代表に行っていた清水の成岡がコンディション不良でベンチスタート。中里が先発しました。

ここでもっと受けられるということで平岡監督は前半から指示を出していましたが、なかなかいい形で入りませんでした。途中からボランチでキャプテンの五十嵐がセンターバックの間に降りて3枚にして、ビルドアップがスムーズになりました。

 

これに対して青森山田は守備時は2トップ。

 

この2トップの脇を取る攻防がずっと行われていました。青森山田のベンチからはこの脇を警戒しろという指示。清水のベンチからはセンターバックが運んで相手の2トップのラインを突破しろという指示。

 

ここが肝だったと思います。

実際に清水の平岡監督は途中からサイドをやっていた丸山をボランチに配置し、ベンチスタートの成岡もユニホーム姿にしました。(結局交代はしませんでした)

 

青森山田の黒田監督は最終的に2トップを交代して守備の指示を出しました。

 

トップレベルの攻防がありました。

 

 

最後は青森山田が追いつかれても徹底した戦いぶりでロングスローから田中が決めて2-1の勝利!素晴らしい勝利を飾りました。

 

ピッチサイドで見る高校年代最高峰の戦い。とてもスリリングな90分となりました。

ぜひ再放送やオンデマンドでチェックしてみてください。スカパーです。

 

面白かった〜

明日の練習でもこの感動を伝えよう!

では

 

Foot!というおばけ番組

女子ワールドカップバージョンの金曜Foot!のMCをやらせてもらいました。今日から3回MCを務めさせてもらいます。

f:id:fun-management:20190621231109j:image

 

最初のゲストは岩清水さん。何度かご一緒させてもらってますがいつも的確な解説と、その冷静な分析とは裏腹な優しい笑顔、僕のむちゃぶり質問にも答えてくれるインテリジェンス。今日も緊張しっぱなしな原を助けてくれました。

 

MCはほとんどやったことありませんが今回チャンスをいただけることになりました。Foot!というのは来シーズンで20年になるJsportsのお化け番組です。デイリーサッカーニュースと言っていますが毎日22時から放送しているサッカーニュース。歴史もあって人気もある番組に抜擢していただき大変うれしく思います。

 

僕のFoot!との思い出はなんといっても原博実です。まだ解説者をやっていた頃だと思いますが結構スペインロケなども頻繁に行っていた番組が何を隠そうこのFoot!です。

 

よく覚えているのが原博実がある日、お茶の間でフットの時間になるとなんとなくjsportsに合わせチャンネルを合わせようとしていました。不自然だな〜と思いながらテレビを見ると原博実がスペインで飯を食っている映像が流れています。

 

ただ飯を食っているのです。うまいうまいと言いながら。学生時代の原は目を疑いました。まだサッカーのことをしゃべっている原博実がテレビに出ているのは納得できますが、なぜうまいうまいとスペイン料理を作っている原博実が画面に映っているのだろう。全く理解できなかった覚えがあります。

 

「この番組が結構人気なんだって」

 

うれしそうにそう言っていたのを覚えています。

 

誰が見るんだとこんなもの?

こんなの放送していいのか?

 

幼心にそう思った覚えがあります。

 

原博実がひたすら飯を食ってる

 

これが成り立ってしまう番組がFoot!と言うものなんだと

 

これが僕とFoot!との出会いでした。その後僕は寝間着でFoot!のトレーナーを着続け、どのトレーナーよりも着やすくなるまで着ていました。ずいぶん柔らかくなりました。

そこから実況アナウンサーを目指すようになり改めてFoot!を見るようになり、自然と憧れのポジションになっていました。

 

そのポジションに今日座らせてもらうことができました。いつの間にか原博実が飯を食うだけの番組ではなくサッカーファンにとってとても有意義な番組に変わっていました。

 

今日は冒頭とても緊張してしまったので来週はもっとナチュラルにできるようにがんばります。この3回の僕の成長を見守ってください。では

パスはパスでも色んなパス

置くパス

 

文杉ではこの奥パスというの1つ共通して言葉として決めています。

昨日の練習で岩政さんがやっていましたが、パスはパスでもいろんなパスがあってその一つに置くパスと言うのもみんなの認識で持っておきたいと言う話をしてました。

 

これは縦パスが入ってサポートに入ったときの落としのパスですが、こののパスを「置くパス」と呼びます。そうすることでピッチの中や選手間で共通認識ができて「置くパスにしろ」と言ったらみんながわかると言う言葉です。今はサポートのところも含めて立ち位置を確認してやっていますがその中で良いタイミングでサポートに入っても、縦パスのパスと落としのパスが同じパスの勢いだったらうまくボールは回りません。したがってパスはパスでも「置くパス」と表現することで選手たちの頭の中のイメージを共通させてボール回しに反映させます。

 

こういう風に言語化することで共通認識ができるということを初めて知りました。確かに落としのパスは強く落としたら繋がらないし、弱すぎても相手に読まれてしまったりすることもあると思いますがチーム内で共通させておけば、何がミスだったのか?意図としては一致させることができます。

 

これがチーム作りなんだなと思いました。他にも細かい動きや立ち位置徐々にチームみんながわかる言葉が増えてきました。もちろん監督から出る指示もそうですがピッチの中でこの言葉を選手たちが使い出して同じイメージを描けるようになるとどんどん良い循環が生まれていくのではないでしょうか。

 

単に言語化すればいいと言うわけではありません。必要な動きや必要なパスそれを伝えるために言語化があると言うことです。実況アナウンサーをやっていると、サッカーの新しい言葉がたくさん出てきて、この使い方で合ってるのかなとちょっと不安になりながら使う時もあります(それはだめです笑)

 

言語化言語化と少し聞き飽きるぐらい言語化が叫ばれてますがなぜ言語化が必要なのか実感を持ってわかっている今日この頃です。やっぱり日本語で表現する言葉というのはまだまだ少ないです。置くパスのように日本語を組み合わせてわかりやすく安く表現したものでもいいと思います。

 

みなさんのチームにも何かあったら教えてください。