センスよ、降ってこい

原大悟のブログ。音声認識で書いてます。誤字脱字あります

ベルギー旅行3日目① ブルージュ〜アントワープ

{3DCCCFF5-C896-479F-87CB-148342AC5C4B}



この旅のメインイベントが終わった次の日。
 
次なる目的地はブラジル、ベルギー戦で堂々たるプレーを見せた森岡亮太が所属するクラブ、ワースランド=ベフェレンへ!
 
ブルージュからアントワープに1時間半かけて移動し、そこから電車で15分くらいのベフェレンへ。
 
 
 
この日の練習は10時半と15時半らしいが、15時半はジムでのトレとの事なのでトップチームの選手は見れないかもしれないが、とりあえず午後の練習に行くことに。
 
 
せっかくブルージュにいるので前日バタバタで観光できていないブルージュを散策して、アントワープを散策してからベフェレンに向かいました。
 
ブログでは3日目は2つに分けます。
 
 
 
水の都ブルージュ
 
今日は昨日と違い運がありました!
水曜日ということで、地球の歩き方を見ていると水曜市というのがあーるじゃありませんか!
行くしかない!
 
 
 
{2B9537D9-8464-4811-8ED0-81450D0B3023}
 
 
小雨の中やってた。
 
{5535A9EC-77CC-400A-97AC-FC861B3CF8F6}
 
肉屋
1週間分の量を次々と買って行く地元民に混ざって並び、小さい手羽1本だけ堂々と注文したよ。
前日の日本代表の戦いに影響されてるから怖いもんは何もないよ。

{749A40C0-8F87-42E2-B994-E1B86005D638}
スイーツ
ベルギーと言えば、ワッフル。みんな甘いもの大好きみたいでスイーツもかなり充実してました。
エクレア買ってやりましたよ。
いや、ワッフルじゃないんかい!
 
{8992418C-5AD6-46A0-A10C-B25B047B3C7B}
 
海も近いみたいで魚介も充実。
鮮度が良さそうだった。魚屋でバイトしていた経験を生かし、詳しそうに覗き込むも種類が全くわからなかった。さすがに買う勇気は出なかった。
 

{1754C906-B1DF-421C-96E8-55F99AF524BE}

こんなアート作品まで水曜市に。
美術の成績2だった俺からしてもカッコいい作品ばかり。
さすがに買う勇気は出なかった。
 
 
そしてブルージュは水の都というだけあって運河に囲まれているキレイな街!
 
{616616B1-7249-406D-81EC-27F588ABB76B}

{1BE1DC74-1C4D-49A3-B6A7-1DEF7C6BC59B}


歩いて回れるのも醍醐味ですね。
先程の水曜市やっていた広場から駅までの間に大聖堂とか綺麗な建物があって、周りに運河が流れている。運河巡りも出来るらしい。
 
 
さすが水の都!!
 
 
原が手羽先食いながら歩くような街じゃなかった。
手羽先食いながら歩いていたら地元民に結構驚きの表情で見られたよ。
確かにブルージュと手羽先をむさぼる原は不釣り合いだ。
 
ただ、何度も言うように前日の戦いを見た俺に怖いものはない!
 
1日目のスポーツバーさえ行かなきゃ、ベルギーは大丈夫だ。
 
 
1時間半ぐらいブルージュを満喫し、
いざアントワープへ!!
 
 
 
 
{2E07893B-4642-42B3-9B7A-104CEA3C58B5}

{EAB31627-86B9-425F-A287-68DD1AD7026C}

{E0C36688-C8E3-4EA3-A75E-CEDADCD7A8F7}

カッコいいよ!
これだけで来てよかったよ。
 
無駄にコーヒー買って感慨深そうに座ったよ。
間違えてエスプレッソだったよ。
飲めなくて残したよ。
 
 
時間は12時ぐらい。
ベフェレンまでは近いので、さすがに15時半練習にはまだ早いと思いアントワープの街を散策へ!
 
 
{F02F1929-28A5-42E6-9AF4-33DD8550E7CD}
 
フランダースの犬の舞台として有名なアントワープ
ただ、フランダースの犬は日本の方が有名でベルギーの人はあまり知らなかったそうです。
ただ、日本人が来るから?と言うこともあってフランダースの犬の像もありました。
 
この周りのお店には日本語もチラホラ見られました。
 
 
フランダースというのはこの辺りの地域のフランデル地域の事みたいです。
 
 
少しうんちくたれましたが、私はフランダースの犬という物語自体は見た事がありません。
「パトラッシュー!」というセリフしか知りません。でも、とりあえずこの像には向かいました。人間てそんなもんですね。

{27E2585A-22DE-4F00-A864-B41CB1EED3ED}
 
何だかわからない像。
特にコメントなし。
建物がキレイな事にも3日目で慣れてきてしまった。
 
 
{C88BB90D-2C2C-4CF2-B901-16E3842DA92F}

港みたいなところがあった。
天気悪いせいで感動が半減。
 
ベルギーってずっとこんな天気なのか?
 
{186A32DB-D50F-442A-B195-939C6DD743B3}

昼飯でアントワープ地ビール的なものを頼んだ。ピリッとしてた。
 
 
アントワープは芸術の街とも言われてるみたいです。ルーベンスというアーティストの生まれ故郷でルーベンスの家もあるんですが、工事をしていて見つけられなかった。
 
まぁ美術2の俺にとっては関係ない。
体育が大好きだったのに3だった原にとってはスポーツの方が圧倒的に重要だ。
 
いざベフェレンへ。
 
 
ちなみにアントワープ駅から中心街まで往復した肉離れ中の原。
 
おそらく往復45分ぐらい。
肉離れが少し良くなってきた気がした。
これがケガと付き合うということか。
 
 
石畳みの上をなめらかに右足を引きずって歩くことができるようになってきた。
かなりスムーズに引きずっている。
 
 
このスムーズ引きずりのまま、いざベフェレンへ!