センスよ、降ってこい

原大悟のブログ

今日おもしろかった事 #15

今日家族で散歩してきました。
近くに小さな川があります。
川の脇にお散歩コースみたいなのがあって、
子どもにとっては危なくないし、
遊べるので最高です。
 
天気も良かったので散歩に行きました。
いつも小さい橋みたいなところや草が茂っているところがあって、そこにコイがいます。
息子はそれを探しています。
 
 
2歳半になったばかりの息子は、
かなり色々な事を喋るようになりました。
 
 
「おさかなさんいるかな?」
 
本人的にはそう言っているようです。
僕には
 
横須賀線いるかな?」
 
に聞こえました。
 
{935C1C27-EBA2-44D6-9BB0-8B57178A0F0B}
*写真はイメージです


しかし、いつも息子と喋っているウチの奥さんにはしっかり会話が成り立っています。
電車大好きな息子はよく「横須賀線」と言っているので、どうしてもそう聞こえてしまいます。
 
でも僕は会話が成り立っているので我慢してました。
 
 
しかし!
息子がコイを探したくて仕方なくて、
 
「おさかなさんいるかな?」
「おさかなさんいるかな?」
 
この川にいる魚の種類が書かれている看板の絵を見つけて
 
「おさかなさんいた!
いっぱいおさかなさんいた」
 
 
と連呼してきます。
僕は我慢できず奥さんに
 
横須賀線て聞こえない?」
 
と言いました。
一回思ってしまうともうダメです。
どうしても
 
 
横須賀線いるかな?」
横須賀線いるかな?」
 
 
横須賀線いた!
いっぱい横須賀線いた」
 
に聞こえてしまいます。
 
 
「確かに聞こえるかも」
奥さんもそう言いました。
 
その後ついにコイを見つけて
 
「おさかなさんいた!」
と息子は言いました。
 
両親2人で「横須賀線て言ってるわ〜」と笑いながらイタズラを始めました。
 
 
俺「横須賀線こっちにもいるよ〜」
奥さん「こっちの横須賀線大きいよ〜」
 
2人で楽しんでるだけのつもりだったのですが、
2歳の息子は親の言うことを何でも真似する年頃です。
 
 
息子
「どこに"おかさかさん"いる?
あっ、こっちにも"よこさかさん"いる。
こっちの"よこすかさん"小さい」
 
 
どんどん横須賀線によってきました!笑
この後も横須賀線横須賀線と言い続けた両親のおかげで、帰りには完全に
 
横須賀線いっぱいいたね〜
横須賀線かわいかったね〜」
と完全に"横須賀線"と言っていました。
 
ゴリゴリの電車オタク家族のような会話しながら帰ってきました。
 
いい散歩でした。
今度横須賀線に乗ることがあったら、
「お魚さんに乗るよ〜」と教えてあげようと思います。笑
 
 
では!
良い平日を!