センスよ、降ってこい

原大悟のブログ

スペインと日本のクラブの違い

2018-03-30 07:59:56

いいとか悪いとかではなく、

単純に僕がキリンレモンカップで気が付いた

スペインのクラブと日本のクラブの違いを書きます。

まぁいわゆる文化の違いってやつです。

 

 

{FEDAEAB7-E76D-4991-B0A9-C40804D9FF58}

 

 

 

・アップの時間

この2日間はとても暑く、1日2試合という中学生にとってもタフな日程の大会でした。

日本のクラブはだいたい1時間前ぐらいからピッチに姿を表しましたが

レアル・マドリードは結構ゆったりしてました。

アップの時間は30分ぐらいだったと思います。

 

・アップの時のコーチ陣

アップしている時、日本のクラブはスタッフやコーチがしっかり見守って指導しています。

レアル・マドリードは最後のあげるところはコーチが入っていましたが、

それ以外は選手たちでやっていて、コーチたちはリフティングをしている時もありました。

対象的でおもしろかったです。

 

 

・得点が入った時

日本の選手は喜びに行きますが、だいたい皆んな自陣のピッチに戻ります。

その途中でハイタッチしたり、喜んだりします。

レアル・マドリードは得点を決めた選手やアシストを決めた選手のところにディフェンスの選手も近寄っていって祝福します。

一通りハイタッチなどが終わったら自陣に戻ります。プロで見るアレです。

 

 

・試合終了時

日本の選手はピッチ中央で整列して待ちます。

笛がなったらお辞儀して握手をするという感じです。これが日本です。

レアル・マドリードの選手はその場にいる選手と握手を交わそうとします。プロで見るアレです。

日本の審判の方々が真面目なので、しっかり整列するように促すと

試合を重ねるごとに

「あ、これは並ぶんだな」

と気が付いたようで、段々整列が早くなっていきました。

 

ただ、なぜかベンチ選手までピッチ中央に入ってきて並ぶパターンをやりだしたので、

途中からはレアル・マドリードのベンチの選手がくるのを待つ時間ができましたw

 

 

・保護者の応援

日本の保護者は、説明するまでもありませんが、僕たちが育って来たアレです。

ママさん達の

「いけ〜」「あ〜」「きゃー」「決めろ〜」

これで僕たちは大きくなりました。

2018年も大きな変更は無いように感じました。少し安心しました。

 

レアル・マドリードの保護者?の方、スペイン系の外国の方もいらっしゃっていました。

関係者の方々で固まってかなり熱く応援されていました。

向こうの保護者の方々はしっかりチャントを歌います。

アレアレアレアレ〜とチャントを歌って応援します。

得点を決めた後の一連の流れも決まっていました。プロの応援で見るアレです。

 

 

・優勝した時

優勝した瞬間にレアル・マドリードはベンチの選手がボトルを持ってピッチに入って、

水をかけて喜びを表現しました。

その後観客の方にもボトルを持って来てお客さんと一緒に喜びを表現していました。

メディアの方も水かけられたと言っている方がいました。

日本で優勝して知らない大人に水かけたら多分怒られますね。

グランド走れとか言われるかもしれません。

 

 

・メディア対応

これはスペインというよりも、世界最高のレアルマドリードというクラブだけかもしれませんが、

メディア対応専門?のスタッフがいました。

優勝してインタビューの段取りになった時に対象となる選手に

受け答えのやり方を入念に指導していました。

中学生年代ですから舞い上がることもあると思うのですが、この辺りはプロフェッショナルだなと感じました。

 

 

 

 

色々な文化の違い、

サッカーの違い、

応援の違いなど、

たくさんのことを感じた大会になりました。

レアルマドリードの選手と対戦した経験を日本の選手達は生かして、いつか倒してほしいなと思いました。

こういう招待大会はいいなと思いました。

小さい子供にとってすでに中井君は憧れの対象で、サインや写真を求める人もたくさんいました。

 

この年でこれだけ注目されるということは、僕には想像もできないけど、

この環境で揉まれながら成長できるということは本当にすごい事だなと感じました。

チームメイトとも楽しそうに会話している姿もありましたし、

本当に逞しいなと思いました。

いつか日本代表のユニフォームを着てプレーしている姿をみたいです。

楽しみです。

 

久保建英選手とも年齢が近いので、中井君の縦パスから久保選手に入って、ドリブルやコンビネーションで世界のディフェンス陣を切り裂いている姿を想像しながら湘南新宿ラインで帰って来ました。

 

サッカーはいいなと感じた、キリンレモンカップでした。

また来年もあるといいな。

 

では。

 

 

{BFB04134-E40E-43BD-81AA-83768CA13167}

{172C5966-95FE-437E-AE07-438CABA68B03}