センスよ、降ってこい

原大悟のブログ

>

ビジネスクラスの全貌

f:id:fun-management:20180720164044j:image

アクシデントでビジネスクラス

ロシアW杯の第3戦はヴォルゴグラードというところで日本vsポーランドが行われました。

 

試合の翌日、ヴォルゴグラード→モスクワの飛行機に乗ろうとすると、「あなたは予約できてない」とチェックインの場所で言われました。

ガビチョーン!!

 

理由は、最初に予約した時はモスクワ⇄ヴォルゴグラードの航空券を取ったんですね。

だけど、行きの飛行機が深夜2時着ぐらいの便だった。

 

その時はそういうのも経験してみよう!という感じでノリノリだったんですけど、日程が近づくにつれて怖くなった。ロシアで深夜2時。襲われるんじゃないか?

 

みたいなチキン病が発症してしまって、行きの便をキャンセルして、朝に着く便を予約しました。これが間違いだった。

空港のお姉さんによると、「その時オフィスに言ってくれれば対応できたけど、往復で取った便は片道だけキャンセルできない」ということでした。

 

僕は行きの便だけキャンセルしたつもりだったけど、帰りの便もキャンセルされていたという事です。困りました。

[*これ旅慣れてる人に聞くと、結構あるあるらしいから気をつけてください!]

 

もう夜9時ぐらいだったし、ここからヴォルゴグラード市内に戻って宿を探す&モスクワの宿をキャンセルする(この日から3泊予約してた)&明日の飛行機の便を取る!つたない英語で!ロシアの人も英語わからない人多い中で、僕はかなり難しそうだと感じました。

 

すると「ビジネスクラスが1席空いてる。(日本円で)10万!」と言われました。出発まで30分ほど。時間はありません!旅慣れてない僕は、いわゆるパニックになりました。

 

そしてパニクりながら考えた結果、熱中症になるほど暑いヴォルゴグラードにもういたくない!という結論に至りました。暑いのは嫌だってなりました。笑 

 

初めてのビジネスクラスです!

みなさん、往復便で取った時のキャンセルは気をつけてください。

 

1時間半ほどのフライトで10万!楽しむしかねーだろ!ということで写真いっぱいとりました。ビジネスクラスはカーテンで仕切られていて何がどうなってるかわからなかったので、何が起きているのかエコノミーしか乗ったとかない諸君に教えてやりましょう!笑

 

僕もドラ息子ドラ息子と言ってますがエコノミーしか乗ったことないんだよ!ハハハハ!

 

では、ご覧あれ。

 

搭乗!

まず機内に搭乗し、荷物を上に置く。ここまではエコノミーと一緒!

たーだ、ここからが違う。

まず座ったらCAさんがドリンク聞いてくる。「は?はや?まだ喉乾いてないよ!」と思いながらオレンジジュースを注文するとすぐ持ってくる。まだエコノミーの諸君乗ってないよ。優雅すぎるよ。

しかもガラスのコップ。割れかねないよ。俺よくこぼすよ。

f:id:fun-management:20180719153312j:image

しかもしかもこのジュース、俺はすぐ飲んだんだけど隣の富豪おっちゃんはゆっくりたしなむように飲んでたんだよね。そしたら離陸の時に、かなり残ってるのに没収されてたw

 

めっちゃ早く飲まないといけない。搭乗から離陸まで間に飲み干さないといけない。それがビジネスクオリティ!

 

軽食!

続いて軽食なんだけど、メニュー渡されて、チェックしろ!みたいな感じ。

これがよくわかんないんだよね? 

f:id:fun-management:20180719153257j:image

ビーフorチキン?」しかやったことないよ。しかも1時間半のフライトだから、全然いらないよ!と思いつつ、チェックした。英語表記はあったけど、何項目かあったからよくわからず、ここぞとばかりにチェックしまくった。全然お腹空いてなかったけどw

 

付属イヤホン

続いてイヤホン。

f:id:fun-management:20180719153301j:image

まずヘッドホンである事に感動。

ほいで持ってよく見てよ!耳のとこに全てを包み込むようなカバーがw

キレイに保ってるのかな?ビジネスクラスの人の耳はキレイに保たなきゃいけないのかな?

 

これで聞きづらいんじゃね?と貧乏くさいこと思ったけど、聞いてみたら音質も素晴らしい。音質とかよくわかんないけど、最高峰の音質だった。

 

食事

続いて食事!食事が運ばれてくる前に運ばれてきたものがあったよ。

f:id:fun-management:20180719153254j:image

テーブルクロスだよ!いらないよ!ただ飯を食うだけだよ。こぼさないよ。

まぁでもそんな動揺も見せずに、いよいよ運ばれてくる食事を楽しみにしてるよ。

 

ビーフorチキン?みたいに2択で運ばれてくるわけではないので、CAさんがカートみたいなやつを押してくるわけではなく、1人1人カスタマイズされたトレーが運ばれてくるわけ。僕はビジネスクラスの中では後ろの方だったから、俺のはどんなカスタマイズだ?と思いながら楽しみにしてたよ。きたよ。
f:id:fun-management:20180719153305j:image

何チェックしたか覚えてないんだけど、無駄に飲み物3つきたよw

いらないよw

りんごジュースと白ワインとコーヒー一緒に飲むやつどこにいんだよ。

 

まぁ飲んだよ。必死に飲んだよ。

まぁ軽食みたいなやつだったけど、おいしかったよ。

 

そんなに喉乾く系の食べ物じゃなかったよ。3つもあるんだから喉乾く系であれよ。ごちそうさまでした。

 

到着

到着したよ。1時間半。あっという間だったよ。

ゆったりしたシートで「ミックス」という卓球映画を楽しんだよ。1時間半だったから終わらなかったよ。続きが気になるよ。あんなに到着しないでほしいと思ったフライトは初めてだったよ。

 

空港に到着したらビジネスの人だけ乗るワゴンで空港まで移動させられたよ。到着したあとのわちゃわちゃも無かったよ。
f:id:fun-management:20180719153309j:image

でも俺はエコノミーの方に知り合いの人がいて、着いた後に色々挨拶するつもりだったんだよ。わちゃわちゃもせずに空港に放り出されたから結局会えなかったよ。

 

でもいい経験だったよ。10万は高いよ。

 

ビジネスで勘違いしてたこと

最後に1つだけ言わせてくれ。

ビジネスのクラスのCAさんて1番の美人じゃないのか?

 

おじさんだったよ!!

 

その飛行機で1番の美人って決まってるもんだと思ってたよ。おじさんだったよ!めっちゃ優しいおじさんだったよ!それが一番驚いたよ。

 

いつか、ビジネスに乗れる男になれますように。

 

では。